So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

20-05

KIMG1939 (Small).jpg門司港駅

タグ:門司港駅
nice!(6) 

コロナウイルスに思う [歯の話]

世界中コロナウイルスの蔓延で「戦時中」とまで、言われるような状況になっております。
コロナウイルスに罹患し発症された方、お亡くなりになられた方に心からお見舞い、お悔やみ申し上げます。


コロナと歯科治療について、世の中ではいろいろと言われておりますが、住人の私見を述べさせて頂きます。
いつも申しておりますように、いろいろな考えがあるのが健康な世の中であり、「絶対こうでなくてはダメ」といった原理主義的考えは住人は取りません。
皆様がコロナに対して判断する時の一助にしていただければ幸いです。


世の中、歯科が濃厚接触であるとさかんに喧伝されております。 歯を削る時のタービンから出る飛沫のことや、患者さんと医療従事者の距離、いろいろ言われておりますし、患者さんも不安になるのはもっともです。


結論から先に申し上げます。
コロナウイルスが心配な方は受診を控えてください。特に70歳以上のご高齢の方は。


当院は従来から予約制で診療しており、待合室は必要以上にバカ広く、待合室で患者さん同士が顔を合せることはほとんどありません。
しかし、通院途中、交通機関等で、他人と接触する可能性のある方は来院を控えられた方がよいと思います。
ドア to ドアの方はリスクは高くないと思います。


次に、住人自身も今年に入ってスポーツジムなどは休んでおり、生活物資の買い出し以外はここ最近は、自宅とオフィスの徒歩での往復だけです。
しかもここは馬寄村の山奥です。
けれども、院長を含め当院のスタッフが、何処かでコロナウイルスと接触して感染するリスクはゼロでありません。
もちろん来院する患者さんがコロナウイルスと接触して感染するリスクはゼロでありませんので、
院内にコロナウイルスが侵入するリスクはゼロでありません。


歯科医院はしつこいほど感染対策の指導を保健所から毎年受けております。
スタンダードプレコーション といってインフルエンザや、肝炎ウイルスを患者さんにうつさないような教育を受けています。
コロナウイルスは治療薬がないという、例外性はあるかも知れませんが、
コロナウイルスが危ないのであれば、B型肝炎ウイルスだって、エイズだって、インフルエンザだってウイルスですから、歯科なんか危なくて今後も受診できたものではありません。


 歯科が本当に危ないのであれば、もっと全世界的に歯科からクラスターが発生しても不思議ではない筈ですが、住人の知る限り歯科診療所からのクラスターは一般病院よりはるかに少ないようです。
それは、歯科医院が常日頃から感染症の中で戦っており、うつさない努力をしているからです。
ファイスマスクをしているとか、防護衣を着ているとか、グローブをしているとか、そういう問題でなく、ウイルスを口の中、鼻の穴、眼にこすり付けなければコロナウイルスは生体内に入りません。


受診する患者数が多く、患者同士、スタッフと患者が接触する可能性が高い病院はコロナウイルスと接触する確率は当然高くなりますので、「歯科では絶対うつらない」といっているわけではありません。
当院においては、空気清浄器はもちろん、次亜塩素酸による、空間除菌、換気など三密にならないような対策を行っていますが、これからも歯科医院がクラスターになる可能性はゼロではありません。


最大限の感染防御の努力を行い、もし治療を希望されるかたがおられたら、その道のプロとして診療する。
住人も医者のはしくれです。そのくらいの覚悟はあります。


話は変わりますが、、住人がいつも申しあげているように、お口の中がきれいな方はインフルエンザにかかりにいことは科学的なエビデンスがあります。
 死亡原因の第3位が肺炎であり、その多くがお口の中から肺に落ちた細菌が原因であること、 高齢者のお口のなかが清潔になれば、誤嚥性肺炎が減らせることは科学的エビデンス(肺炎と歯科)があります。
コロナになると有病者や高齢者は危ないのですが、じつはこういった方ほど口腔ケアが必要であり、歯科医や歯科衛生士がお役にたてるのです。


最後に、最近、詰め物が取れたり、冷たい物や熱い物がしみる、歯が噛んだ時に痛い、
そういったことが気になる方が多いように住人は感じております。


そういう症状のある方、
 無意識のうちに歯を食いしばっていませんか?
噛みしめていませんか?
そうです、コロナウイルスの蔓延のこの環境は、皆様にとって実にストレスフルなのです。
人間、ストレスが高まれば、無意識のうちに食いしばったり、噛みしめたりしていることがあります。


過度に恐れず、ほどほどに畏れ、分析する冷静さが必要です。


コロナウイルスが収束したら、かかりつけの歯医者さんで、しっかり虫歯の治療と歯周病、そして噛み合わせの治療をしてもらい、定期的なメインテナンスをしてもらいましょう。


お大事に


KIMG0521m (Small).JPG小倉北区馬島

nice!(2) 

所得と歯の本数  ―平成30年国民健康・栄養調査 [歯の話]

平成30年国民健康・栄養調査結果の概要が1月14日、厚労省より公表され、歯の本数が20歯未満の者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員と比較して、男女ともに200万円未満の世帯員で高いことが分かった。また、自分の歯を20本以上有する者の割合は76.9%と、前回(平成26年)より増加。歯肉に炎症所見がある者の割合は21.3%で、前回より減少した。
 今回の調査では、毎年実施している基本項目に加え、所得等社会経済状況と生活習慣等に関する状況を重点項目として、世帯所得別に[1]600万円以上、[2]400万円以上600万円未満、[3]200万円以上400万円未満、[4]200万円未満に分け、生活習慣を分析した。
 自分の歯が20歯未満の者(20歳以上)の割合を見ると、男性は世帯所得[1]18.9%、[2]21.3%、[3]24.0%、[4]30.2%、女性は[1]21.6%、[2]16.6%、[3]22.2%、[4]29.8%で、世帯の所得が[1]の世帯員と比較して、男性では[2]~[4]の世帯員で高く、女性では[3]と[4]の世帯員で高かった。
 歯・口腔の健康に関する状況について、自分の歯が20歯以上の者(20歳以上)の割合を見ると、全体では76.9%で前回より4.1ポイント増加した。年代別では、70歳以上で45.2%(前回比8.1ポイント増)、60歳代では72.7%(同5.0ポイント増)、50歳代では90.2%(同4.3ポイント増)、40歳代では97.1%(同0.7ポイント増)、30歳代では99.0%(同0.5ポイント増)、20歳代では99.4%(同0.6ポイント減)となっている。
 歯肉に炎症所見がある者は、全体では21.3%で前回より1.8ポイント減少した。年代別では、30歳代が27.7%(前回比0.8ポイント減)と最も多く、以下、40歳代が27.5%(同0.3ポイント増)、50歳代が25.1%(同2.2ポイント減)、20歳代が21.1%(同6.0ポイント減)、60歳代が19.3%(同4.7ポイント減)、70歳以上が14.5%(同0.5ポイント増)と続いた。





KIMG1667m (Small).JPG

タグ:歯科
nice!(3) 
共通テーマ:健康

私、介護される女歯科医です [お勧めの1冊]

「私、介護される女歯科医です」


九州大学歯学部 元准教授 冲本公繪 著
2019年10月16日 四六判 168頁
1,980円(税込)
わかば出版


  現役時代、大学病院で歯科領域の臨床や研究を行い、高齢者の健康寿命と食生活との係わりについて研究に携わってこられた筆者が、右脳出血による重度の左側麻痺から、5年をかけ、リハビリと夫(歯科医)の介護で回復してゆくのを、科学者としての冷静な視点で綴ったエッセイ。

あきらめないでやり続けることの大切さを身をもって教えていただいた。


株式会社 シエン社  〒112-0004 東京都文京区後楽1-1-10  TEL 03-3816-7818




9398.jpg

続きを読む


タグ:冲本公繪
nice!(1) 

日本歯周病学会 市民公開講座 [歯の話]

日本歯周病学会 市民公開講座


10月26日(土) 17:00~18:00(開場 16:30) 


北九州国際会議場 2F 国際会議室


寿命100年時代に向けた備え~歯周病治療のすすめ


演者:中島 啓介 先生(九州歯科大学歯周病学分野)座長:臼井 通彦 先生(九州歯科大学歯周病学分野)


入場無料 参加申し込み不要




nice!(2) 

19-09

DSC_1592 (Small).JPG祐徳稲荷神社

nice!(16) 
共通テーマ:旅行

第49回日本口腔インプラント学会学術大会 市民公開講座 [歯の話]

日時 2019年9月22日 13:30~15:30
会場 エルガーラホール 8F大ホール
 福岡市中央区天神1-4-2
人生100歳時代の歯の健康
~インプラント治療が拓く未来~

定員400名 入場無料



2019年09月13日0001 (Small).jpg

nice!(2) 

口の健康が長寿を支える [歯の話]

NHK TVシンポジウム

2019.9.7(土) 14:00~14:59

今年7月6日(土)に世界口腔保険学術大会記念第25回口腔保健シンポジウム「お口が大切!健康寿命~秘訣はオーラルフレイルの予防~」が開催されましたが、その模様がNHK Eテレで放送されます。



口の衰え“オーラルフレイル”が、老化がはじまる兆候であることが、最新研究から明らかになりました。
口の健康を保ち、健康寿命を延ばしていくにはどうすればいいのか、考えます。







nice!(2) 
共通テーマ:健康

なぜ歯医者の治療は1回で終わらないのか? 聞くに聞けない歯医者のギモン40 [お勧めの1冊]

なぜ歯医者の治療は1回で終わらないのか? 聞くに聞けない歯医者のギモン40 

若林 健史 (著)


単行本  朝日新聞出版 (2019/5/13)


歯の病気や治療法に対する疑問以前に、歯医者は、「なぜ予約制なの?」「なぜ治療の途中で交代するの?」といった疑問がいっぱいです。そんな歯科の疑問40に、テレビCMでおなじみの若林健史歯科医師が答えます。




タグ: 歯科
nice!(4) 

ネットニュース2019-03-18 [歯の話]

ダメ歯科医の見抜き方 「混んでいる=良い歯医者」ではない.
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_1331706/


専門分野の記載がHPにない 選ばないほうがいい歯科医の見抜き方.
http://news.livedoor.com/article/detail/16176258/


nice!(4) 
共通テーマ:blog

AIで口くうがんや歯周病を早期発見 スマホアプリ開発へ [歯の話]


人工知能=AIを活用して、「歯周病」や「口くうがん」を早期に発見できるスマートフォンのアプリを実用化しようと、産学の共同研究が始まることになりました。
これは東北大学とNTTドコモが発表したもので、ことし4月から共同研究を始めるとしています。 21日は実用化をイメージしたアプリが公開され、スマホのカメラで口の中を撮影すると歯周病の症状が出ているかどうか、判定します。 判定を行うのは、歯周病の人の口の中を学習した人工知能=AIで、歯ぐきの色や腫れがあるかどうかなどを瞬時に見極めることを目指します。
また、同じくAIを活用して舌の写真から、「口くうがん」の症状があるかどうか調べことができるアプリも開発するということです。
正式な診断はあくまで医師が担いますが、病気の予防や早期発見につなげたいとして、2022年度の実用化を目指しています。 東北大学大学院歯学研究科の佐々木啓一研究科長は「どの時点で歯医者に行けばよいか、検診すればよいか、わからない人が多いのでそこを助けられればよいと思う」と話しています。 また、NTTドコモ先進技術研究所の滝田亘所長は「AIの技術は応用性が広いので社会に役立つサービスをつくっていく」と話しています。

タグ:歯周病 AI
nice!(2) 

笑顔の向こうに [歯の話]

歯科医療の現場をテーマに、若者たちの成長を描いた青春映画が誕生。
歯科医療の現場で、笑顔を支える人々の活躍を描く心あたたまるストーリー
日本歯科医師会が全面協力
2月15日(金)よりロードショー







0002 (Medium) (2).jpg

0002 (Medium) (1).jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

なぜ歯医者は急に行っても診てくれないの? [歯の話]

なぜ歯医者は急に行っても診てくれないの? 現役歯科医が明かす「予約制」の理由

連載「歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない「歯医者のギモン」」

若林健史週刊朝日#ヘルス

タグ:歯科
nice!(1) 

認知症専門医が教える! 脳の老化を止めたければ 歯を守りなさい! [お勧めの1冊]

認知症専門医が教える! 脳の老化を止めたければ 歯を守りなさい!

  • 単行本(ソフトカバー): 205ページ
  • 出版社: かんき出版 (2018/11/8)


お口の健康と全身の病気のかかわりは多くの論文等で科学的に証明されております。

健康寿命を延ばすためにも、歯科クリニックで定期的に歯のクリーニングをお勧めします。


認知症専門医が教える!  脳の老化を止めたければ 歯を守りなさい!

認知症専門医が教える! 脳の老化を止めたければ 歯を守りなさい!

  • 作者: 長谷川 嘉哉
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2018/11/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


タグ:認知症
nice!(2) 
共通テーマ:健康

18-11

KIMG3044 (Small).jpg宮島

nice!(7) 

糖尿病がイヤなら歯を磨きなさい [お勧めの1冊]

糖尿病がイヤなら歯を磨きなさい〜内科医が教えるお口と体の健康の新常識
西田 亙 (著)
幻冬舎 (2018/3/8)


 糖尿病と歯周病の関係については当ブログで紹介してきました。
糖尿病だけでなく、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞、誤嚥性肺炎なども、歯周病の治療を行うことで改善することが知られています。
歯周病は 痛いとかいった自覚症状が末期になるまでありませんので、深刻に受け止められることはありませんが、立派な炎症なのです。
もし、腎臓やすい臓などに慢性炎症があれば、大騒ぎだと思いますが、歯周病は非常に軽く見られているのです。
一方、歯周病は歯科クリニックで適切な治療を行い、日々ご自身でお口のクリーニングにこころがければ、予防、病状の軽快が可能な病気です。

 本書は糖尿病専門医の先生がお書きになっているので住人が発言するより大きな説得力があります。
糖尿病でない方もぜひお手に取っていただきたい一冊です。


歯科医向けに内科医から伝えたい歯科医院に知ってほしい糖尿病のことという著書も歯科医の方にお勧めの一冊です。







 




 

タグ:糖尿病
nice!(2) 
共通テーマ:

喜捨 [エッセイ]

 我が家の介護犬を看取ってもうすぐ1年である。
獣医さんによると老衰なので仕方がないといわれて、最後は水や栄養ゼリーをシリンジを改造して(先端部分を切り取って筒状にして)半分無理やり与え、床ずれの防止のために数時間おきに体の向きを変えなければならない状態だった。
最後は穏やかなものだったが、家族の心情は甚だ穏やかではない。妻は一時ペットロスの状態だった。
住人も可愛がっていただけに、未だに犬を飼う気にはなれない。

犬の遺品を整理するにあたり、未開封のペットフードを動物愛護センターに持って上がり、活用してもらうことになった。
当センターは北九州市の保健福祉局保健衛生部が運営する施設で、どうしても飼えなくなった犬と猫などを次の引き取り手が見つかるまで世話をしている。 老犬もちらほら見かけた。


喜捨(きしゃ)とは進んで金品を寄付・施捨すること[1]。本来は仏教用語[1]。
喜捨に見返りを求めてはいけないし、他人のためにめぐんでやるのでもない。自分のために喜んでもらってもらうのである。


センターの二階の事務所に上がり、量が少ないので恐縮しながら差し出すと、快く受け取っていただけた。
追善供養も含め、今年もドックフードを持参しようと考えている。


犬猫用フード等のご寄付を受け付けています!


動物愛護センター - 北九州市


マップ



000106515 (Small).jpg


動物愛護センター - 北九州市




P1000020 (Small).JPG


KIMG0978m (Small).JPG

nice!(1) 
共通テーマ:ペット

歯科用インプラント治療で使用可能な人工骨として国内初の薬事承認 [歯の話]

 九州大の石川邦夫教授(生体材料学)らのグループは15日、骨の主成分である「炭酸アパタイト」と同じ成分の人工骨を開発したと発表した。歯科インプラント(人工歯根)用として使用可能で、昨年12月に薬事承認も得られたという。?
 インプラントは通常、歯がなくなった部分の顎の骨に金属製の土台を埋め込む方法が取られているが、骨が不足していると、別の顎骨などを移植する必要があった。水酸アパタイトなどで作った人工骨では強度が弱いなどの問題があった。

 グループでは、カルシウムなどの無機成分を人工的に合成し、顆粒かりゅう状の炭酸アパタイトを開発。臨床試験では、顎骨が不足した部分に顆粒を移植したところ、骨と成分が同じなため、顆粒が骨そのものに置き換わったという。

 石川教授は「身体への負担が少なくなるため、高齢者でもインプラント治療が受けやすくなる」と話している。
2018年02月16日 Copyright [コピーライト] The Yomiuri Shimbun


九州大学 公開日:2018.02.15 研究成果 

世界初、骨の無機成分と同組成の人工骨の開発・実用化に成功
?~歯科用インプラント治療で使用可能な人工骨として国内初の薬事承認~





nice!(4) 

小児肝移植技術海外に 九州大 [優れもの]

2018年1月12日 (金) 西日本新聞 配信


 九州大と国際医療NPO法人「ジャパンハート」(東京)が、海外支援を目的として3月にミャンマーの子どもにドナー(親)からの生体肝移植手術を行う。一緒に来日する同国の医師団に手術を公開し、ミャンマーでの子どもの生体肝移植実現に向けて医療技術を指導する。九州大病院(福岡市東区)が海外への技術移転のために臓器移植を行うのは初めて。

 ミャンマーでは医療設備などの遅れから、肝臓病が心臓病やがんと並ぶ子どもの死因の一つになっている。2004年から同国に拠点を設け、医療支援を続けるジャパンハートの吉岡秀人最高顧問によると、同国で肝移植のほかに治療法がない18歳以下の子どもは年間250人いるとみられるが、国内では手術を受けられないまま大半が命を落としている。

 ジャパンハートがミャンマーでの肝臓病治療を日本の学会などに呼び掛けたところ、小児肝移植で実績のある九大が応じたという。両者はミャンマー政府の要請を受け、16年から現地で肝臓病の子どもの支援に当たり、九大は既に2度の医師団派遣で、計22件の肝臓・胆道の手術を行った。

 3月の九大病院での移植には、小児外科医や成人の外科医ら総勢13人のチームで当たる。同大大学院の田口智章教授(小児外科)は「肝移植を成功させることで、ミャンマー国内で子どもの肝臓病への関心を高め、早期発見にもつなげたい」と話す。

 吉岡最高顧問は「命を救う目標に向かって、一丸となって動くジャパンクオリティーの医療を伝えたい」と期待を込める。ミャンマーでの初めてとなる子どもへの生体肝移植は、年内にも実施見込みという。

 九大病院で手術を受ける0~3歳の患者は2月にも決まり、現地医師団11人と術後のケアも含めて約40日間滞在する。渡航費と滞在費はジャパンハート、手術費や薬代は九大が各約300万円を負担する。

タグ:九州大病院
nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

歯科医院で救える『命』が年間5,000人分もある! [歯の話]

  歯科医院で救える『命』が年間5,000人分もある!

  地域の『口腔がん』を考えるシンポジウム開催

  (全国縦断、第2弾:西日本版、201711月からスタート)

  ↓↓↓↓↓

  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000025311.html


d25311-5-212687-2.jpg

タグ:口腔がん
nice!(0) 
共通テーマ:健康

知って得する健康寿命の話~全身に影響する歯周病!医科歯科最前線~ [歯の話]

 世界口腔保健学術大会記念「第23回口腔保健シンポジウム」(主催:日本歯科医師会、協賛:サンスター株式会社)が78日、「知って得する健康寿命の話~全身に影響する歯周病!医科歯科最前線~」のテーマの下、大手町ホールで開催された。

 

 講演Iでは、生活習慣病、健康寿命に関わる医科の立場から、益崎裕章・琉球大学大学院教授が「あなたの脂肪を希望に変えるヒント」と題して、肥満の歴史やそのメカニズムを解説するとともに、腸内環境と全身との関係について説明。その上で、「ダイエットとは減量ではなく、食べること。「食」という字は「人」を「良」くすると表すものであり、身体にとって良いものを積極的に摂って健康長寿を達成し、健やかに生活してほしい」と呼びかけた。

 講演IIでは、口腔衛生、予防歯科学に関わる歯科の立場から、西村英紀・九州大学大学院歯学研究院副研究院長・教授が「よく噛んで食べて健康長寿」と題して、歯周病と糖尿病の不思議な関係を、栄養状態と免疫力等を取り上げて解説。よく噛み味わって食べるほど、インスリンがよく出て糖分が効果的に筋肉に取り込まれることから、「壮年期では、定期的な歯科治療によって体内の過剰な炎症を抑えることが重要。高齢者などでは可能な限り栄養の経口摂取をサポートすることが、筋力低下の予防に役立つ」などと説いた。

 お口のセルフケア実践講座では、田野ルミ・埼玉県立大学保健医療福祉学部講師が実用的なセルフケアを解説した。

 アナウンサーの渡辺真理氏をゲストに迎えて行ったミニトーク「愉しく話す!おいしく食べる!健康とオーラルケア」では、渡辺氏が口腔内環境の重要性などの歯に関する自身のエピソードを披露した。

 

 なお、本シンポジウムの模様は、729日付読売新聞全国版朝刊に掲載予定の他、日本歯科医師会HPhttp://www.jda.or.jp/ )の「シンポジウム動画」コーナーで配信する予定。

 

(日本歯科医師会HP

  http://www.jda.or.jp/jda/release/170714.html

 


20170714.jpg

タグ:
nice!(0) 
共通テーマ:健康

オープンキャンパスのご案内 [歯の話]

夏季の日程でオープンキャンパスを行ないます。参加希望の方は、電話等でお申し込みください。
  • 第1回平成29年7月22日
  • 第2回平成29年8月27日
  • 第3回平成29年11月11日

くわしくは下記パンフレットをご参照ください。
〒751-0823
山口県下関市貴船町3丁目1番37号
下関歯科技工専門学校 
TEL083-223-4137
E-mail: sdic@tip.ne.jp


2017年06月23日16時34分58秒0001 (Medium).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

笑顔写真”募集スタート ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2017 [歯の話]

 日本歯科医師会は今年も「『いい歯で、いい笑顔』を日本中に。」をキャッチフレーズに、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2017(協賛:株式会社ロッテ)を開催します。

 国民参加型として展開している「スマイルフォトコンテスト」では、歯と口の健康週間の初日である64日(日)より、「とびきりの笑顔写真」の募集をスタート。今年も写真家の浅井愼平氏を審査委員長に迎え、グランプリ1作品並びに優秀6作品を表彰します。年齢や性別、プロ・アマを問わず、国内在住であれば誰でも応募することができます。

 


 

◇オフィシャルサイト http://bestsmile.jp/

◇公式Facebook https://www.facebook.com/bestsmile.jp/

◇日歯国民向けHP http://www.jda.or.jp/

◇デンタルスマイル応募フォーム http://www.jda.or.jp/dentist/(近日公開)

 

bestsmail.jpg

nice!(0) 

今さら聞けない!歯と口の健康情報 [歯の話]

毎年この季節(6月4日前後)になると、お口の健康情報がテレビでも提供されます。

NHKの「きょうの健康」でも、歯と口の健康情報が紹介されました。

以下ご参考になれば幸いです。






logo_2016.png

タグ:健康
nice!(0) 
共通テーマ:健康

しゃべるお薬手帳体験セミナーのご案内 [優れもの]

 見えにくい方の生活を支え、皆さんの安心安全な社会生活の為のお薬情報を提供する、しゃべるスマートフォンアプリをご紹介するセミナーです。

日時:2017年7月29日 (土) 17:30~19:30

場所:小倉北区男女共同参画センタームーブ5階 小セミナールーム


薬局で受け取ったお薬情報をいつでも、どこでも、だれでもをモットーに、電子お薬手帳があなたの質問に声で答えます。本システムは視覚障がい者だけでなく、スマホ操作の苦手な高齢者にも声だけで操作可能です。


11時34分07秒0001 .jpg


主催/サウンズアイプロジェクト ムーブフェスタ2017市民企画事業

nice!(0) 
共通テーマ:健康

世界初「歯周組織再生医薬品」誕生!? [歯の話]

毎日新聞は先日、
 成人の8割がかかっているとも言われる歯周病は、悪化すると歯を支える骨「歯槽骨」が壊され、歯が抜けてしまう恐れもある。対策は口の中をケアし、悪化を防ぐしかないと思われてきたが、昨年12月、歯槽骨を増やす効果のある新薬「リグロス」(一般名トラフェルミン)が発売された。現時点では効果は限定的だが、患者にとっては選択肢が広がりそうだ。【野田武】
と報じた。

毎日新聞 (1) (Large).JPG

毎日新聞 (2) (Large).JPG

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

神社仏閣の管理者の皆様へ [エッセイ]

 近年、見仏、パワースポットめぐりの盛り上がりにより、多くの拝観希望者が押し掛け(自分者もそのうちの一人ですが)、ご迷惑をおかけしております。
社寺の管理、運営に日々並々ならぬご尽力をいただいている皆様におかれましては大変ご苦労されていることと存じます。深く感謝申し上げます。

 さて、多くの社寺では御朱印を頂いたりする拝観時間は早くても8時半からで、9時以降から16時や17時までのところが多いように思います。
社寺の本来の業務やお勤めは御多忙であり、さらに従業員の労務管理、境内の保安安全対策を考えますと致し方がないことと思います。
致し方ないとは思うのですが、われわれ年寄りにとりましては朝が早いため、活動準備はできているにもかかわらず、参拝できず、残念な思いをすることが多々あります。
また短時間の拝観時間中に多くの参詣者が押しかけ、多くの待ち時間をかけないと拝観できないという、ディズニーランドのアトラクションの待ち時間のような状態で、拝観をあきらめるとこも多々あります。(行列により景観もぶち壊しです)

KIMG0337 (Small).jpg興福寺

 奈良国立博物館では、10月22日から「第68回正倉院展」で、混雑を緩和し、観覧者に鑑賞しやすい環境を提供するため、 会期中の金曜日・土曜日・日曜日・祝日の開館時間を午後7時までとしていたものを、午後8時まで延長することになったそうです。
博物館は室内ですので、開館時間を延長していただくことは大歓迎であり、感謝に堪えません。他の社寺を拝観した後の時間を有効に使えるからです。
先日、ある神社で、受付の方が、「ようお参りくださいました。大変お待たせしました」と言ってくださり、5分開館時間を早めていただいただけで、住人は天にも昇るような幸せな気持ちになりました。

DSC_0089 (Small).JPG

 そこで、神社仏閣の管理者の皆様へお願いがございます。
はなはだ無理なお願いとは存じますが、せめて、春と秋の連休のときは拝観時間を早めていただくわけにはまいりませんでしょうか。
おそらく神職や仏道にある皆様はわれわれ下々の人間が寝ている早朝から、朝のお勤めなどお忙しくなさっていることと存じます。
そんな中、社務所や納経所を開けていただき、お一人でも対応していただける方がおられれば、もう大満足であります。
私のように思っている年寄りは多いと思います。他の社寺よりも早くから拝観可能であることをホームページなどで告知すれば、朝早くから参拝する輩が多くなることでしょう。
けれどもそのことは、神様や、仏様のお考えを普及するのに、決してデメリットにはならないと私は確信いたしております。
 今後京都、奈良などの有名観光寺院はますます外国人観光客が増え、混雑することでしょう。古き良き日本のイメージからはどんどん離れていきますが、これも致し方ないことでしょうか。
どうか御一考いただきたく存じます。日本の神道、仏教のますますの発展を願ってやみません。

不佞 馬寄村の住人 拝

KIMG0355-PANO (Small).jpg飛鳥



タグ:見仏
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | -